カテゴリー
REVIEWS

Slauson Malone / for Star (Crater Speak)

あぁこれは最高の音だ。再生すると聴こえてくるサーフェイスノイズ、そして奥からは丸みを帯びたベースにアナログな質感のシンセサイザーとボイスサンプル。それらの完璧な鳴り、汚れ具合と配置、ただそれだけで何にもかえ難い魅力がある。Slauson Malone 久しぶりのEPに収録の 「smile #8 」にはまずそのサウンドの生々しさやられてしまった。前作ではアコースティックギターを多用していたが今回はベース、ということなのだろうか?とにもかくにも主旋律を奏でるベースギターのミュートされた絶妙な軋みはもうそれだけで充分気持ちが良い。前作からの変化といえばレコードのクラックルノイズが全編でなっていることも大きい。BurialといいCaretakerといいレコードノイズに魅了される人達の音楽に共通してある幽玄な仄暗さは2曲目のssmmiillee ## 55にたっぷりとつまっている。BurialはもちろんLoren Connorsまで想起させるノイズにまみれた甘美なダークアンビエントは間違いなく彼の新しいスタイルになるだろう。即完売だった12inchの再プレスを熱望!!これはレコードで聴きたいよね。

カテゴリー
REVIEWS

Medhane / Cold Water

ニューヨークのラッパーMedhaneがハイペースで作品をリリースしている。
2019年11月の『Own Pace』、今年2月の『FULL CIRCLE』、そして5月の暮れにリリースされたのが本作『Cold Water』。

アトランタのラッパー Future が2014年から2015年にかけてリリースした『Monster』 『Beast Mode』『56 Nights』の3作連続リリースに影響をうけたと本人は語っているが、3作目となる本作『Cold Water』はそのリリースの最後を飾るにふさわしい最も充実した作品となった。

Medhaneはブルックリンを拠点に活動する23歳のラッパーでいま最も注目すべきシーンのひとつ「NYアンダーグラウンド~ Standing on The Corner 界隈」のメンバーとの交流も多い。特に Slauson Malone とはユニット Medslaus 名義でのリリースやお互いの作品のプロデュースや客演などかなりの交友関係がある。

Medhane & Slauson Malone Discuss Their Influences, Why They Won’t Sign to a Major Label

本作にも N.Y アンダーグラウンド内外から多彩なゲストが参加している。今年3月に傑作「Forever,Ya Girl」をリリースしたばかりのシンガー keiyaA、King Klure が Edgar The Beatmeker 名義でプロデュースした「Can’t Slip」(これも傑作だった、)も記憶に新しいロンドンのラッパーJadasea、この辺りを掘ってる人間ならもはや説明不要だろうNavy Blue, Maxoなどなど。

このメンツを細い糸でつないでいるのは結局「Some Rap Songs」なんだと思うのだけれどMedhaneもやはりEarlの作品と共に語られることが非常に多く、最近だと友人であるMIKEあたりと共鳴するシンプルなジャズ、ソウルのサンプルが中心のアブストラクトなトラックが特徴的なサウンド。ただこの作品をそれ以上のものにしているのはで自身のメンタルヘルスやトラウマと向き合い、それらにイラつきながらも迷路のなかで葛藤し出口を探そうとするリリックにある。

ひとまず日々スケボーやサイクリングに勤しむ彼のInstagramをフォローし、Navy が参加した「TRS」のリリックをGENIUSでぜひ読んでみてほしい。